犬と歩けば
インフォメーション 劇場情報 動画コンテンツ 壁紙 コミュニティ  
ストーリー キャスト スタッフ

なんのとりえもない男が、一匹の捨て犬と出会い、そして決意する

 空前のペットブームとよばれる現在、犬や猫などの動物たちは、人間の心身を癒してくれる大切な存在である。しかし心ない人々によって捨てられる動物たちも少なくはない。
「セラピードッグ」とは、動物との触れ合いを体のリハビリや心のケアに役立てようという、動物介在療法(アニマルアシステッドセラピー)に活躍する犬のことである。犬たちと接しているうちに、身体機能が回復したり、痴呆症が改善するなどの成果が見られる。
  本作に特別出演しているブルースシンガーの大木トオル氏は、1970年代よりアメリカでこの活動を進め、日本での普及をライフワークとしてきた。代表を務める国際セラピードッグ協会では、現在、日米あわせ、150匹もの犬を育てている。その殆どが、一旦は人に捨てられ、セラピードッグとして育てられることで再び生きるチャンスを与えられ、助けられた捨て犬たちなのだ。

『犬と歩けば チロリとタムラ』は、どんなに頼りなく見える人間や犬たちでも、“誰かの力になることが出来る”という大切なことを教えてくれる。実際に本作に出演のチロリやタムラ(実際の名前はピース)は、セラピードッグとして活躍している犬たちである。その生き生きとした表情は、タレントとして訓練された犬たちでは決して表現することができないものである。