かえるのうた
(原題:援助交際物語 したがるオンナたち)


新春1月14日(土)より開運のレイトロードショー
劇場窓口他にて特別鑑賞券発売中\1,000(当日\1,200)
※劇場窓口特典 特製「かえるちゃんコンドーム」 

ポレポレ東中野
JR東中野駅西口北側出口より徒歩1分
03-3371-0088
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

[公式ブログ]


「たまもの」の天才いまおかしんじ監督のニューワールド!


朱美とキョウコが出会ったのは、深夜の漫画喫茶。『がんばれ元気』の取り合いで何となく意気投合した2人、地道に裁縫工房で働き、子どもっぽくて、なかなか自立できない朱美は女癖の悪い良男に嫌気がさして、キョウコの部屋にしばしば転がり込む。一方、漫画家志望で身体を売って生活しているキョウコは、傷つくのを恐れていつもひとりでいる。朱美が援交デビューした夜、ダンスを踊って祝杯をあげつつ、夢を語り合う2人。
朱美 「いつか子どもに自分の作った服を着せたい」
キョウコ 「売れっ子漫画家になってテレビに出る」
しっかり者のお姉さんキョウコと、できの悪い妹のような朱美――。2人に“かえるの神様”は、幸せを運んでくれるのだろうか…。

『たまもの』(04)で一躍、映画界新世代の旗手として注目された映画作家、いまおかしんじ監督が放つ待望の最新作は、東京・下北沢を舞台にどこにでもいそうな平凡な女の子たちの日々が描かれる。性格も生活も男に対する考えも、何もかもが対照的なふたりのヒロインの生き方には、現代にふわふわと漂うように生きながら、それでも人と人とのつながりを求め、生きている実感を探したいとの願いが見え隠れする。女の子たちを見つめる、いまおか監督の視線はぶっきらぼうでいてどこか切実、そしてかぎりなくやさしい。出演は女池充監督『ビタースイート』(04)での可憐な演技が記憶に新しい向夏と、ピンク映画期待の新星・平沢里菜子。役柄をはみだした、ふたりの女優の「素」が活き活きと捕らえられているあたりも本作の見どころ。そして、あっと驚くフィナーレ。観る者すべてを幸福に導くサプライズエンディングは、はこの映画を観た人だけの宝物になるだろう。



コメント
「女の子同士のなんとなくの友情は『下妻物語』への(ちょっと弱気な)返答だ!」
柳下 毅一郎(特殊翻訳家)

「気が滅入ることが多いがまだ死にたくない。どーでもええわ…とつぶやくと少しだけラクになる。」
いましろたかし(漫画家)

「いき場所じゃなくて『かえる』場所を探しているかえるのむすめたち。そんな長ーいかえりみちの途中のよりみちな感じが切なかったり温かかったり。」
カネコアツシ(漫画家・映画監督)


>>「かえるのうた」予告編をみる
(予告編をご覧いただくにはWMPプラグインが必要となります。 )



監督・脚本:いまおかしんじ
キャスト:向夏 平沢里菜子 吉岡睦雄 七瀬くるみ 佐藤宏 伊藤猛 川瀬陽太
製作:国映株式会社 新東宝映画株式会社 製作協力:Vパラダイス
配給:インターフィルム アルゴ・ピクチャーズ



Copyright 2003 ARGOPICTURES. All Rights Reserved. IT Produced by cafegroove, Inc.